はじめに

結婚式で振袖を身に付けるのは結婚していない女性だけなのです。振袖を着れるのは若い女性ではなく未婚の女性となっています。女の人であれば大体は知っていると思われますが、男性で若い人だと知らないという人もいると思うので、結婚式に出席した時には女の人の衣装に注意を払ってみて下さい。
基本的に振袖レンタルの布地は絹が多いです。最近では絹と何ら判別が付かない化繊のポリエステル素材も振り袖に利用されています。昔は明らかに微妙な雰囲気があったポリエステルですが、現在ではプロがチェックしない限り化繊かシルクかは分からないところまできています。
本来は祭事で踊る際の衣装として存在していた振り袖です。その振り袖は後々に未婚の女性の礼装になりました。現在では祭の場面で振り袖を身に付ける人は滅多に居ません。浴衣などに地位を奪われました。振り袖は現在では成人式や結婚式が主な活躍の場所になっています。昔よりもデザインは派手で華やかになっていると言えます。
いろいろな定義が考えられる振り袖ですが、簡単に言ってしまえば、振り袖とは結婚をしていない女の人が着る、袖の部分が長い服装になります。その和装を着用すると、その女性が未婚だと分かるのです。通常は若い女の人が着用するため、非常に華やかな色柄が用いられています。成人式は目がくらんでしまうほどです。

本当に大事な日には振り袖の着付けをプロに頼む方がいいです。1日中身に付けていても着崩れがしにくいですし、苦しくもならないからです。素人が見よう見まねでやってしまうと着崩れが起きる可能性があります。せっかくの節目の日に着崩れなどが起きては駄目なので、有料でもプロの人に注文をするといいです。
着る人に年齢の制限がある着物が振袖となります。当然のことながら振袖も和服となりますが、もともと振袖は既婚者が着用するものではなく、未婚の場合でも高齢者の人が振袖を着用していると滑稽なので、振袖は次々と若者に手渡されていくことになっています。親御さんが娘にあげる姿はよく見られることです。

小物や帯の柄をセットにして考えると、もう振り袖のデザインは無限に近い選択肢を持ちます。金色の髪型に似合うようなショッキングピンクの振り袖や、黒い髪の毛にマッチする紫の振り袖など、色だけでもそれこそ選択肢は豊富です。可能ならばたくさん試着をして、たくさん着用してみないと決められないほどです。
テレビ番組を見ていて花魁が着物を着ているシーンを目にしたことがある人達も多いことだと想像できますが、この頃は花魁みたいな着方を成人式においてしている若者が増えてきているのです。基本的には古くからの着こなしになりますが、今花魁みたいに身に付けるとなぜか現代風の着方のように見られるのは不思議です。